Now Loading...

Now Loading...

Interviewインタビュー

事務職 島崎のぞみさん 東京経済大学 経営学部卒 2018年4月入社

  • 景気の変動に左右されず将来も安心

景気の変動に左右されず明るい職場で、伸び伸びと成長を

Q:現在の業務内容について教えてください。
東京本社で営業事務として、見積書や契約書の作成や物件情報の台帳作成など、営業サポートを担当しています。東京本社には尊敬できる先輩方がたくさんいて、新人1年目の私でも周りの方々に指導していただき、少しずつではありますが日々成長を感じています。
書類は定型フォーマットにデータ入力して担当の営業の方にお渡しするのですが、間違いがないよう自分で確認後も周りの先輩にダブルチェックしていただくなど、丁寧に行っています。その甲斐あって、ミスなく進められるようになってきました。
電話対応も重要な業務です。東京支社の代表番号でもあるため、お客様はさまざまな用件でかけてこられます。初めてのお客様から見積り依頼のお問い合わせなどもあり、先方にとっては当社の第一印象となり、緊張はしますが、スムーズにつなげてお役に立てるよう心掛けています。そのほか、管理物件のエレベーターが止まってしまったなど、緊急監視センターに早急につなぐべきお電話もありますので、先方の用件を速やかに伺って判断し、適切な部署や担当者につなげることが重要となります。
Q:新卒でのご入社ですが、どのような学生生活でしたか? また、SECエレベーターに入社を決めた理由を教えてください。
大学は経済学部です。長く働けることを考えて、事務職で探していました。SECエレベーターのことは、大学の合同説明会で初めて知りました。今の時代はほとんどの建物にエレベーターがあり、社会にとって欠かせないものです。その保守や販売を行うのは景気の変動に左右されることもなく、安心して働けるのでは思いました。また、説明会でお会いした人事担当の方が明るく親しみある雰囲気で、こういう方たちとお仕事できれば、伸び伸びと成長していけるのではと感じたのも大きかったですね。

不安だった初めてのオフィスワークも、マンツーマン指導で安心でした

Q:入社前に、何か不安を感じられたことはありましたか?
高校時代からのアルバイトで、ファストフードの接客やシフトマネジャーの経験はあったのですが、オフィスワークは初めてなので、早く馴染めるものなのか、不安はありました。
実際は、最初の3ヵ月間は上司がマンツーマンで、書類作成など私のやった仕事についてしっかり指導してくださり、少しずつ自信もつけながら仕事を覚えていけました。今は業務によっては独り立ちして、より責任を感じながら早く一人前になろうと仕事に取り組んでいます。
Q:仕事をしていて、やりがいを感じるのはどんな時ですか?
毎朝朝礼の10分前には出社しています。当社には10ヵ条の社訓があり、朝礼ごとに一つずつを全員で唱和します。中でも私が好きなのは「一つの感謝を終生忘れぬ事」という言葉です。学生時代のアルバイトでも接客していて、感謝されることがあればやはりうれしく思えました。社内の営業事務においても「ありがとう」と言ってもらえると、またがんばろうと励みになります。

先輩方はコミュニケーションに長けておられ、とても頼りになります

Q:SECエレベーターの事務職は、どのような人に向いているでしょうか?
先輩方はいろんなタイプの方がいますが、みなさん、コミュニケーションに長けておられ、仕事する上でも、とても頼りになります。営業事務は、チームで営業の方々をサポートしていくので、うまくお互いを尊重し合える人なら向いているのではないでしょうか。
例えば、細かいことですがコピー用紙や備品がなくなりそうな時も、どなたかがいつの間にか補充してくださっていて、自分もそうやってみなさんが働きやすい環境づくりに貢献できるようになりたいなと思っています。気配り、心配りは大切ですし、より質の高い営業サポートにもつなげたいですね。
Q:休日はどのように過ごされていますか?
事務はみな、定時の17時半でほぼ仕事を終えられますが、それでも入社して1ヵ月ほどは、社会人の時間のリズムに慣れるのに苦労し、帰宅後は疲れ果てていました(笑)。今はもうペースもつかめていて、土日の休みのどちらかは友人とショッピングなどに出かけています。
そんな時も、エレベーターがあると、どのメーカーのものかが気になったり、乗り合わせたエレベーターに当社のステッカーが貼ってあったりすると嬉しく、とても誇らしく思いますね。

産休制度などが整っていることに、女性として働きやすさを感じます

Q:会社の商品でありサービスである、エレベーターについては、どうお考えですか?
6月にあった大阪北部地震では、関西支社に電話がつながらないということで、東京本社にも当社でエレベーター保守をさせていただいている管理会社など、お客様からの問い合わせの電話が殺到しました。初めてのことで、どのくらいの震度でエレベーターが止まるのか、復旧にはどの程度の時間がかかるのかなど、私では分からないことも多かったです。ビル建物内における縦の交通機関であるエレベーターは、災害時にはその役目も重みを増します。社会に必要なインフラに関わっている仕事なのだと改めて感じました。
Q:今後の目標を教えてください。
自分はまだ新人で、結婚などはまだ先のことですが、営業事務の先輩で、ちょうど産休が明けて復職された方と、これから産休に入られる方がおられます。こういう制度が整っていて、実際に活用されているのは、女性として働きやすさを感じますね。
自分自身は、営業の方をしっかりとサポートできるよう営業の仕事をもっと知り、エレベーター周りのことについても理解を深めて、お客様からの問い合わせにもスムーズにお答えできるようになりたいと思っています。今後、勉強できる機会を自分でも積極的に見つけてやっていきたいですね。

先輩インタビュー

  • 技術職 石田一輝さん

    車の整備も好きなのですが、プライべートでは決して触れられないエレベーターの専門性に惹かれました。

    さらに詳しく

  • 技術職 中尾義豊さん

    経済と社会の発展を支えるエレベーターが代替わり時期の現在、セカンドステージを自分たちで切り開いていけるのが楽しみです。

    さらに詳しく

  • 技術職 土井将俊さん

    SECは「昇降機検査資格者」の有資格者数が日本トップクラスで、資格取得のバックアップ体制も充実しているのが魅力です。

    さらに詳しく

  • 営業職 灰野友博さん

    エレベーターは重要な社会のインフラで、不況に強い業界であり、独立系で価格優位性も高いことが入社の決め手でした。

    さらに詳しく

  • 営業職 関口俊介さん

    お客様から高い技術力と適正価格で信頼を得て、他社からメンテナンス契約を切り替えてもらえた時は大きな達成感があります。

    さらに詳しく

  • 事務職 島崎のぞみさん

    不安だったオフィスワークもマンツーマン指導で安心。産休制度も整っていて、女性としても働きやすい職場です。

    さらに詳しく

都市と人の未来を見つめる